Now Loading...

様々な分野の仲間が領域を超えて向き合いつくりあげる
これがCrystallize firm quod

本当にいいものをつくるためには、
お金だけでなく、そこにかける強い想いが必要
ロジックだけでなく、信じあえる感覚が必要
そして最後は
実現するためのスキルとエネルギーが必要

猛烈に感動したり、熱狂したり、悔しがったり
人の心を動かすビジネスをする
想いを持った仲間達と本質的な価値を創り上げ
世の中をワクワクさせていきたい

Crystallize Firm quodとは

想いを持った事業家とともに世の中の新しい選択肢をつくる
それを実現する事業にエネルギーを投じる投資会社です

Member

Hiroshi Iizuka 飯塚 洋史

東京大学大学院(都市工学専攻)にて、Creative classと都市の関係、third placeについて研究。また大学時代にはラクロスにて日本一を目指し、2008年・2010年東大ラクロス部男子Head Coachを務める。2008〜2016年(株)日本政策投資銀行に勤務(M&A アドバイザー、通信・総合電気・不動産業界の長期融資や仕組み融資、新規事業企画等に従事)

事業家に向き合い続け、事業家のライフミッションを表現するための新規事業の企画、具現化を目指す。スポーツチームや新規事業チームのマネージメント経験を生かしながら、新規事業企画チームのビルドアップ・マネージメントを行う。また企業提携企画やファイナンス思考にも強みを有する。

Hiroshi Iizuka

Masatoshi Nakagawa 中川 雅俊

2007年よりNPO法人 plususを創設・運営。
2008年PR会社(株)マテリアルに入社。IT・航空・レジャー施設・飲料・菓子メーカーなど幅広い分野のマーケティングPRを担当。 コミュニケーション設計からコンテンツ開発、メディアアプローチと実績が豊富で、現場のリアルな感覚から逆算したプランニングが得意。奇抜な発想が多いが企画から実施までトータルに関わり、最終的に成功にする“実現力”にこだわりを持つ。

建築会社を営む実家の影響で小さな頃から建築現場が遊び場。つくることが大好きで「カッコイイもの」「ワクワクするもの」が口癖。自分で設計し自分で現場監督をして自分のプロダクトを取り入れた家をつくるのが夢。

Masatoshi Nakagawa

Hiroshi Tabayashi 田林 洋

東京大学工学部、同大学院卒。大学ではラクロス部に所属。マネーボールから着想を得て、日本ラクロス界で初めてデータ解析を導入。亜鉛のMFA(Material Flow Analysis)を研究、MFAの創始者に連絡し、その元(TU Vienna)で学ぶ。2010年~2015年(株)新日本製鐵(現新日鉄住金)にエンジニアとして勤務。2018年、東京大学大学院工学系研究科共同研究員。
パートナー企業の技術がもつ学術的潜在性を発見、東京大学及び東北大学との共同研究をアレンジ。

大学在学時以来10年以上コーチングや家庭教師(うち3年間はプロ)を継続しており、個人の才能を伸ばす対話や、組織・教育の在り方について探求している。

Hiroshi Tabayashi

Project

「地方をもう一度デザインする」というビジョンの下スタートしたRELOCAプロジェクト。
第一弾は、「誰でも、簡単に、そして稼げる農業で地方に新しい仕事を作り出す」をコンセプトにした、IoT×縦型水耕栽培を使ったSmart Agri Farmの事業企画・推進プロジェクト。

http://reloca.style/

働くを変える。「LIVE YOUR LIFE」のメッセージのもと、一人で深く考える“DEEP THINK”と共創する“Co-work”を両立する実現するためのワークスペースを開発。
アイウエア「ジンズ(JINS)」が2017年12月にオープンした、“世界一集中できる環境”を目指し進化し続けるワークスペース「Think Lab(シンクラボ)」の、事業企画・推進プロジェクト。

https://thinklab.jins.com/

quodのスタンス

1. より沿い続ける事業パートナーとして

僕らの考え方は、ビジネスの前に人と人との関係あってこその事業パートナー。
「誰とやるか」を前提に「何をやるか」を一緒につくり事業にずっとより沿っていく。

2. 領域を超えて一つのチームとして仕事をする

“社内ではないけど社外でもない” 僕らの仕事にはこの距離感がとても重要。
事業を形にしていくためのスキルを持った人材が温度感を揃え一つのチームとして取り組んでいく。

3. 事業に応じて価値交換をデザイン

企業のいまと、事業の将来性を踏まえ、レベニューシェアや出資などもおりまぜながら事業パートナーとの利益シェアを設計。
同じ船にのって、共に未来をつくるために、価値創出、価値交換の形もデザイン。

Recruit

quod Journal
quodの働き方や事例を紹介。

Plusus

quodメンバーが中心となって運営するNPO法人です。
新しい働き方に関する各種情報発信や、クリエイティブクラスのチームの力を体験するイベントや企画を実施