トップページ

地域づくり

おしごと

お問い合わせ

富山県南砺市 善徳寺TELEWORK PROJECT

『民藝を体現する空間で、土徳を学び仕事をする。』
東洋思想に基づく仏教美学たる民藝思想。
その創始者である柳宗悦が、70日間の逗留を行い、思想的な集大成「美の法門」を書き上げた場所、善徳寺。
南砺の土地の力、僧侶や民藝品との交流の力を借りて、学び・考え・働いてみるための空間を作り上げました。

地域一覧に戻る